2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと4週 4月23日~29日

<勉強記録>
 1 全科目 総まとめ

<歩数記録>
 月 00021 
 火 13098 池袋,両国  
 水 01339
 木 00038 
 金 12420 弁護士相談
 土 03680  
 日 00000 
 計 30596

<更新記録>
 サイドバーのカウントダウンを試験までの日数から試験終了までの日数に変更しました。
 日数が多いほうが精神的によいような気がしたもので。

 なお,今週はアマゾンに5冊の注文がありました。ありがとうございます。
 
<その他>
 今年の答練では,震災を意識した問題が何問かありました。
 時事的な問題は,試験委員も興味を持っていると思われるため,本試験でも出題されるかもしれません。

 特に,憲法に関しては,法学セミナーや受験新報などの法律雑誌でも震災に絡めた記事が多数書かれていることから,個人的にはあぶないような気がしています。

 5月3日の憲法記念日にNHKで放送された「震災と憲法」では,被災地の高台移転の問題が取り上げられていました。
 津波の恐れのある土地では,所有者による建物の再築・増築が認められず,行政が高台に集団で移転することを勧めるというものです。
 22条の居住の自由と29条の財産権が問題となります。

 原告は,先祖代々低地で生活してきた住民で,再び津波があれば高台に逃げるし,再び家が流されても仕方ないという覚悟ができています。
 被告である行政は,住民の生命・身体・財産の保護を目的として,建物の再築・増築を禁じています。

 このような場合にまで,公共の福祉による制限が許されてよいかは悩ましいところです。
 もし,本試験で出たら,事前に少しでも考えたことがあるかどうかで差が付きそうです。
関連記事

テーマ:司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリ

サイトマップ (1)
本紹介 論文過去問 (6)
本紹介 短答過去問 (5)
本紹介 基本書 (9)
本紹介 演習書 (6)
本紹介 判例集 (5)
本紹介 予備校 (5)
本紹介 体験記 (3)
本紹介 方法論 (4)
本紹介 精神論 (4)
本紹介 雑誌 (4)
本紹介 その他 (7)
本紹介 注文レポート (19)
本紹介 使用教材 (4)
日記 司法試験 (14)
日記 試験対策 (16)
日記 週間記録 (30)
日記 就職活動 (8)
日記 その他 (10)

アマゾン商品検索

ここからアマゾンの商品を注文してもらえると嬉しいです。

更新履歴

13.11.3
六法を平成26年版に更新しました。
13.4.10
重要判例解説,ハイローヤー,受験新報を更新しました。

プロフィール

XYZ

Author:XYZ
司法試験に有益な本の紹介を中心とするブログです。

アマゾン商品カタログ

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。多くの受験生ブログを見ることができます。

リンク

相互リンクを募集しています。 ☆は受験生ブログで、★は本紹介HPです。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メイン基本書紹介

メインに使っている基本書です。

メイン問題集紹介

メインに使っている問題集です。

メイン勉強本紹介

メインに使っている勉強本です。

QRコード

QR

スマートフォンや携帯電話にも対応しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。